Watusiによる少人数制ミュージックセミナー
「Watusiの私塾」1st Season
(DAW時代のトラック・メイキングとレコーディングについて)

僕、Watusi (COLDFEET) が自らのプライベート・スタジオにごく限られた人数を招き、DAW全盛の今、失われつつある録音~Mixの為の伝統的手腕を活かしたノウハウや世界のダンス・ミュージックと呼応するサウンド作りの様々なヒントを、経験の浅い方からプロフェッショナルの方までが同時に、同レベルで理解して進められるという(おそらく)画期的な私塾的ダンス・ミュージック・セミナーです(受講は経験者の方に限ります。まったく打ち込みの経験の無い方にはまた別の講座を用意いたします)。

講義は全4回。プログラミングのイロハからマルチトラック録音の概念まで。

全4回に分け「リズム中心のプログラミングあれこれ」から「マルチトラック・レコーディングというものの概念の本質」や、これまで「プロフェッショナルの録音の現場で培われて来た多くの経験に基づく知識」を、今日のDAWでの制作にどう役立ていくかなどを、実際に僕なりのリズム・プログラミングの手法を紹介しながら、今日海外のクリエーター達と大きな差異があると感じているトラックの要、書籍などには載っていないノウハウを初級の方からプロとして活動している方までの皆さんに必要なポイントを伝授していきます。

経験の浅い方でもヴェテランの方にでも共通に学べるプロ直伝のヒントを伝授。

僕のスタジオ内の機材を使って行いますので、身体ひとつで参加して下さい。キャリアの浅い方でも経験者であっても同様に初めて知るヒントを伝授しながら、DAW時代のリズムのプログラミングを、そしてマルチ・トラックの使い方を学んで行きます。プログラミングの基本でもあるリズム・プログラミングの手法と、DAWを使ったレコーディング~ミキシングのノウハウを一緒に学んで行こうというセミナーです。DAWソフトを使ってトライしていたけれど、使い方が難しくて使わなくなってしまったなんて方にもぜひ。

靴を脱いでお上がり下さい。雑談も交えながら楽しく実践的な技術を学べます。

なによりもマンツーマンに近く、靴も脱いでのお付き合いの2時間ですので、私塾という言い方がぴったりの、脱線したり、それぞれの質問に答えたりと口座という堅苦しさの無いやりとりの時間と想像しておいてください。 全4回ありますが、どの1回だけでも単独で理解できる内容になると思いますので1回目は行けないけど・・・なんて方も2回目3回目からでもどうぞ。ただし事前予約での人数制限制ですので、定員になりましたら締めきらせて頂きます。

第1回

school1

■リズムを構成する要素とその扱い方■リズム個々のサウンドの決定基準とその順番■グルーヴというやっかいなものを理解するには■ROLAND TR-808、TR-909を使った様々な実験 リズム・プログラミングでのDAWの使い方(ベイシック編)

第2回

school2

■複数のサウンドによるキック、スネア、ハイハット作りとその意味 ジャンルを決定づけるリズムのなまりかた■様々なリズム・サンプルを使った実験 録音するという意味■複数トラックを使ったDAWの様々な手法

第3回

school3

■きちんとしたハーモニーを持つリズム作り■様々なリズム系ソフトウエアの正しい使い方■前後の奥行きを作るDAWの手法■AUXなどを使ったDAWでのトラックまとめの意味■ミキシングとはそもそも何なのか

第4回

school4

■キックとキネアの行間の作り込み■自分らしいリズム作りへのヒント■自分らしいバランスとは■アタックを出すと言う事、音圧を上げると言う事■様々なエフェクトを使ったグルーヴの作り方