top_img



facebook  Follow COLDFEET on Twitter soundcloud mixcloud beatport COLDFEET COLDFEET Watusiの私塾

INFOMATION

2016.10.07

WatusiのソロトラックがJAPONESQUE MUSIQUEよりリリース

MORE >>>

2016.09.30

Watusiの参加するDUBFORCEが1st.EPをリリース

MORE >>>

2016.07.25

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 3rdEPリリース!

MORE >>>

2015.12.02

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

MORE >>>

2015.09.09

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

MORE >>>

2015.06.23

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

MORE >>>

2015.04.21

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

MORE >>>

TOP

CLOSE

WatusiのソロトラックがJAPONESQUE MUSIQUEよりリリース

Watusi - Flowing
ARTISTS : Watusi, Yummy, Music Note, Takaha
RELEASE DATE : 2016.10.6
LABELS : JAPONESQUE MUSIQUE
CATALOG : JM017
1. Flowing (Original Mix)
2. Flowing (Yummy Remix)
3. Flowing (Music Note Remix)
4. Flowing (Takaha Remix)
https://www.beatport.com/release/flowing/1847306

CLOSE

Watusiの参加するDUBFORCEが1st.EPをリリース

DUBFORCE(ダブフォース)
価格:1,500円(税込)
1. Robinson Crusoe
[Robert Mellin, Gian Piero Reverberiの楽曲をカバー]
2. Dub Fire
[ASWADの曲にいとうせいこうがダブポエット]
3. How Much Are They?
[ホルガー・シューカイ、ジャー・ウォーブルによる曲をカバー]
4. Tokyo Dub
[DMX による「東京ダブストーリー」DUBFORCEヴァージョン]
5. しゃぼん玉
[誰もが知る日本の童謡をダブ・アレンジ]
http://dubforce.tokyo

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 3rdEPリリース!

連続リリース第3弾EP
“Tokyo Discotheque Orchestra feat. bird” 7/28発売

世界規模の広義のディスコ再燃ムーブメントに呼応し、大規模フェスから世界各地のクラブでのパーティにまで対応する音楽プロジェクト、Tokyo Discotheque Orchestra (TDO)。COLDFEETのWatusiがパーカッショニスト、松岡”matzz”高廣と、アレンジャー/ギタリスト、堀越雄輔の2人を従え2015年春に結成、作曲陣にCOLDFEETのLori Fineも交え、それぞれ人気実力派シンガーを起用したEPを専用サイトのみで連続リリースという振り切った活動にも関わらずメジャー・タイアップやFM/TVでの大量露出などで話題を作り続け、いよいよ第3弾の登場です。

第1弾のTDOとSILVAの組み合わせならではのオリジナル「正しいディスコ」は全国のFM局が一斉にOn Air。PVもTV東京「音流」などでOn Airされ話題に。英詞カバー曲がYou Tube上で1ヶ月に180万回再生され話題となったGILLEをフィーチャーした第2弾からは今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナル「Dance With Me」がTV東京系「主治医が見つかる診療所」(毎週月曜20:00-20:54)の1月〜3月のエンディング・テーマともなり、PV On Air回数も急上昇。

期待値が益々上がった第3弾、TDOとタッグを組んだのはなんと、70万枚を売り上げた1999年のアルバム・デビュー以降日本の代表的なシンガーの地位を築きあげ、数多くのライブや様々なトライを続ける作品を作り続けてきた、唯一無二の存在感を放つアーティスト、bird。

bird作詞によるオリジナル「ARE WE READY」は、WatusiがTDOをスタートさせる際にテーマとしたダンス・ミュージックによる新たなるユナイトをシンボリックに歌い上げた夏にぴったりの傑作。カップリングに美空ひばりの昭和の名曲をエイミー・ワインハウスを彷彿とさせるR&Bフレイバーも注入し仕上げた「真赤な太陽」や、ブレッド&バターの和モノ界でも人気の「SUMMER BLUE」を80’s AORムードもたっぷりに仕上げ、birdとTDOならではの極上の世界が生まれました、初となるオルジナル・インストも灼熱感満載で、新たなる旬で広義のディスコ・ソング集として夏の夕暮れにも最高のEP。いよいよアルバム情報も見え隠れするTDO渾身の1枚が仕上がりました。

● 2016/7/28 発売予定 3rd EP (7トラック入り) ¥1,000(税込)BWRCD-103
Tokyo Discotheque Orchestra feat. bird

M1. ARE WE READY (作詞 bird / 作曲 Lori Fine)
M2. 真赤な太陽  (O.A. : 美空ひばり)
M3. SUMMER BLUE (O.A. : ブレッド&バター)
M4. SUMMER STRUT (作曲 堀越雄輔)
M5. ARE WE READY (Extended Mix)
M6. SUMMER BLUE (Extended Mix)
M7. ARE WE READY (Instrument)


専用販売サイト http://tdo.base.ec
Trailer Site : https://www.youtube.com/watch?v=75qktW21Bt4

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra 2ndEPリリース!

今作は英詞カバー曲がYou Tube上で1ヶ月に180万回再生され話題となり、2012年にユニバーサルよりデビューしたGILLEをフィーチャーした第2弾EP。今年「香港アジアポップミュージックフェスティバル」でも日本人初のグランプリ含む3冠を受賞したGILLEの歌唱力/表現力を存分に活かした、今日的ブギーとフィリーサウンドが優雅に溶け込んだオリジナルを始め、ダイアナ・ロスやジェセリン・ブラウン(インナー・ライフ)の独特のカバー、日本の今に向け急遽作成されたボブ・マーリーのディープ・ファンク的アプローチのインスト・カバーなどを収録した4曲入り(別Ver.含め計7曲入り)。

専用販売サイト http://tdo.base.ec

● 2015/12/3 発売予定 2nd EP (7トラック入り) ¥1,000(税込)BWRCD-102
Tokyo Discotheque Orchestra feat. GILLE
 M1. Dance With Me (Lyric by GILLE / Music by Lori Fine)
 M2. I'm Caught Up (Inner Lifeカバー)
 M3. I'm Coming Out (Diana Rossカバー)
 M4. Get Up Stand Up (Bob Marleyカバー)
 M5. Dance With Me   (Short Ver.)
 M6. I'm Caught Up   (Dub)
 M7. Dance With Me  (Instrument)

CLOSE

Watusiの参加するTokyo Discotheque Orchestra1stEPリリース!

本日Watusiがメンバーとして参加するTokyo Discotheque Orchestraの1stEP「Tokyo Discotheque Orchestra feat. SILVA」がリリース!直販CDのみの販売となります!ボーカルにSILVAさんをお迎えしてたディスコチューン「正しいディスコ」(Lori作曲)他、名曲カバー収録!

---------------------------------
Tokyo Discotheque Orchestra feat. Silva EP(12cm CD)
---------------------------------
¥ 1,000(税込)

1. 正しいディスコ
 (Lyric by SILVA Music by Lori Fine)
2. Relight My Fire
 (Written by D. Hartman)
3. Celebration
 (Written by Ronald Bell, Kool & The Gang)
4. Pick Up The Pieces
 (Written by R.Ball, H.Stuart & AWB)
5. 正しいディスコ (Extended)
6. Relight My Fire (Extended)
7. Celebration (Extended)
---------------------------------
直販サイト
http://tdo.base.ec/

正しいディスコPV
https://www.youtube.com/watch?v=2FKoL38C_z4

CLOSE

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第五弾はCOLDFEETのWatusiがSEKITOVA, KENSHUなど日本のクラブ・ミュージックの次代を担う若手実力派クリエイターと制作したリミックス集!

●2015/06/23発売 Watusi / Technoca Remixes 2

収録内容:

1. Tokyo Techno Drive (SEKITOVA Hundred Years House Dub)
2. TokyoTechno Drive (KENSHU Tokyo Bass Drive Mix)
3. Underline (takehiro okuyama Remix)
4. TokyoTechnoDrive (motoki hada Remix)

iTunesリンク
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-2-ep/id1006563226






COLDFEETとして数多くのクラブヒット作品をリリースし、アーティスト・プロデュースなども手がけてきたWatusiが昨年にリリースしたキャリア初のソロアルバム「Technoca」。その収録楽曲を若手クリエイターがそれぞれのスタイルで再構築するというコンセプトで制作されたリミックスEPの第二弾「Technoca Remixes 2」がヴィーナス・カワムラユキのプロデュースで設立したミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」から6月23日にiTunes他で配信リリースとなる。

この「Technoca Remixes 2」は渋谷道玄坂のカルチャースポットとして知られるウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の最終リリースで、最後を飾るに相応しい、正に”切り札”な内容となっている。

参加リミキサー陣には次代の日本のクラブシーンを担う重要人物が揃っている。2014年のJ-HIPHOP最重要トラック[DJ SOULJAH - aaight ft. KOHH & MARIA]のプロデュースを手がけ、ソロアルバム「SINFUL DOLL」をリリースしたばかりのKENSHU

若干20歳ながらBIG BEACH FESTIVAL(2013), WIRED CLASH(2015)に出演しエレキング編集長野田努氏から「日本クラブ文化の未来の明るい星」と評される、若手大注目株のDJ兼トラックメイカーのSEKITOVA

さらにUMEKやLen Fakiのリリースで知られるドイツのmonoid recordingsを始め、スペインやオーストラリアのレーベルなど世界各地で数多く作品をリリースしている京都在住のクリエイター Takehiro Okuyama 、またWatusiが後進育成の為に定期的に開催している「Watusiの私塾」より、ベルリン「Berlin Aufnahmen」、ミュンヘン「Eminor Binary」など同様に多くの海外レーベルから作品をリリースしているmotoki hadaが参加し、それぞれのクリエイティビティが爆発した個性的なリミックスを提供している。

アートワークスは前作に引き続き、芸術家アイドルユニット、ナマコプリとして新曲「あったらいいな JAPAN」をリリースし、各方面にて話題沸騰中のナマコラブが担当。地球人であるWatusiの発信するテクノビートに反応する宇宙人たちをイメージしたビジュアルとなっている。

しぶや花魁5周年記念企画「5枚の切り札」の一覧は以下の通り

第一弾リリース[ナマコプリ / アートの神様 REMIX]
https://itunes.apple.com/jp/album/atono-shen-yang-coldfeet-remix/id979864420

第二弾リリース[Watusi / Technoca Remixes]
https://itunes.apple.com/jp/album/technoca-remixes-ep/id986755899

第三弾リリース[Sakiko Osawa / Fullmoon feat. 斎藤ネコ]
https://itunes.apple.com/jp/album/fullmoon-feat.-zhai-tengneko/id990116936

第四弾リリース[ナマコプリ /あったらいいなJAPAN]
https://itunes.apple.com/jp/album/attaraiina-japan-ep/id997324931

CLOSE

しぶや花魁5周年記念「5枚の切り札」第2弾Watusi Technoca Remixesリリース!

しぶや花魁5周年、連続配信企画「5枚の切り札」第2弾はCOLDFEETの Watusi Technoca Remixes!昨年リリースしたキャリア初のソロ作品を若手実力派クリエイターが完全フロア・ユースに大胆リミックス!
COLDFEETとして数多くのクラブヒットを持つWatusiのキャリア初のソロアルバム「Technoca」(2014年12月リリース)の楽曲を、テクノ~ハウス系のアーティストがリミックスしたEP「Technoca Remixes」が4月21日にiTunes Storeより配信リリースされる。これは渋谷道玄坂のカルチャースポットとして、多様なメディアを賑わしているウォームアップ・バー「しぶや花魁」の5周年を記念した連続配信企画「5枚の切り札」の第2弾リリースで、しぶや花魁とそのミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」の主宰者であるヴィーナス・カワムラユキの全面プロデュースによって制作されたものだ。参加リミキサー陣は新世代の台頭を感じさせる若手実力派たち。昨年にアムステルダムのレーベルより世界デビュー後、ファッション・ラインを持つなど新たな渋谷カルチャーの担い手として躍進中の才女「Sakiko Osawa」が、俳優・三上博史のボイスサンプルを大胆にミックス・アップした楽曲「Last Dance」を筆頭に、ベルリンのMULLER RECORDSよりアルバムをリリースした注目株「Hiroyuki Arakawa」、大阪を拠点に活動中のカリスマ的なサウンド・クリエイター「DJ OMKT」、バークレー出身の新鋭、作/編曲家兼サックス奏者でもある「Yasuhisa Inoue」がリミキサーとしてもデビュー。どの楽曲もリミキサーの個性を感じる完全フロア仕様のリミックスだ。アートワークスは第1弾リリースとして「アートの神様(COLDFEET Remix)」をリリースした芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」のナマコラブがキャラクター制作のみならずデザインも担当。まさにしぶや花魁ならではのコネクションとムードを感じる作品に仕上がっている。

SCHEDULE

2016.11.01

DUVCORE FACTORY @ Socore Factory 大阪MORE  >>>

2016.11.01

salon de desire - After Halloween Party -MORE  >>>

2016.10.25

HOME PARTYMORE  >>>

2016.10.22

HIBIKI音楽祭2016 in 四季の里旭志MORE  >>>

2016.09.30

いとうせいこうフェス~デビューアルバム『建設的』30周年祝賀会MORE  >>>

2016.09.29

JAPONESQUE MUSIQUER Release Rush PartyMORE  >>>

2016.09.06

CUE vol.2 @ 代官山 UnitMORE  >>>

2016.09.02

Night AquariumMORE  >>>

2016.08.05

SURFDISCO@京都 MORE  >>>

2016.07.30

割烹DISCO 大蔵 3周年記念イベントMORE  >>>

TOP

CLOSE

DUVCORE FACTORY @ Socore Factory 大阪

Act:
▽GUEST LIVE
DUBFORCE
member :
GOTA (Dr)
AKIHITO MASUI (Tb)
DUB MASTER X (Mix)
いとうせいこう(Poetry Reading)
WATUSI (Ba)
EMERSON KITAMURA (Key)
AKIRA TATSUMI (Sax)
SHIGEKAZU AIDA (Gt)
SAKI (Tp)

▽OSAKA ACT
DUVALI
Sublimity

▽DJ
DJ AGEISHI (AHB pro.)

▽FOOD
tamutamucafe

Open:19:00 / Start:19:00 / Adv:¥2,000 (NO DRINK) / Door:¥2,000 (NO DRINK)

CLOSE

salon de desire - After Halloween Party -

所:ZAKURO
大阪市中央区東心斎橋2-7-20サザンパレスビル2F
TEL: 06-6214-3607
URL: http://www.zakuro-osaka.com/

日時:11月1日(火) 22:00 START 4:00 CLOSE

料金:1000円(w/1D)

出演;
Guest dj:
Watusi (COLDFEET)
Yohei Yamamoto (noon+cafe)

dj: senda, Kenji Marui、and more

CLOSE

HOME PARTY

LINE UP:
【LIVE : 五十音順】
A Hundred Birds
 TeN (Vocal)
 Kazutake Takeuchi (Key)
 Yoku(DJ)

金原千恵子 & BAND OF GYPSIES with STRINGS
 Guest vocal : 奇妙礼太郎、武田カオリ、RANKIN TAXI
 石井マサユキ (Guitar)
 WATUSI (Bass)
 渡辺貴浩 (Key)
 屋敷豪太 (Dr)
 西岡ヒデロー (Per)

Conguero Tres Hoofers
Three Little Birds
 伊勢浩和
 石川道久
 紫垣徹
塚本 功
中塚 武
HAKASE-SUN
一十三十一twinguitarset (Kahife & Okken)
LEARNERS

【SPECIAL GUEST DJ】
Chris Coco

【DJ : 五十音順】
ANI (スチャダラパー)
大貫憲章
KASHIF
CAPTAIN VINYL (DJ NORI & MURO)
クボタタケシ
島津由行
SHACHO (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
SHINCO (スチャダラパー)
信藤三雄
鈴木雅尭
須永辰緒
高木完
高木康行
DJ HOLIDAY
DJ YAS
常盤 響
藤井悟
永田一直
中原 仁
NOEL & GALLAGHER
渡辺 祐

【FOOD : 五十音順】
アヒルストア
アベクミコ
お好みたまちゃん
岸本恵理子
キッチン☆ボルベール
小料理 休
祥端
頭バー
ブラジリアン食堂 BANCHO
Me We
Le Vin Nature Ltd.

【Visual】
中野裕之

and more
INFORMATION:
OPEN : 18:00
START : 18:00

CHARGE : ADV 5,000yen (ドリンク代別)
※ 再入場不可

TICKET : 7/30(SAT)
チケットぴあ 0570-02-9999 [P] 303-380
ローソン [L] 70333
e+
Grand Gallery 店頭販売 03-6407-0750

INFO :
代官山UNIT 03-5459-8630
Grand Gallery 03-6407-0750

WEB :
Grand Gallery OFFICIAL WEBSITE
FACEBOOK EVENT PAGE

CLOSE

HIBIKI音楽祭2016 in 四季の里旭志

★10月22日(土曜)10:00~18:00出演アーティスト:COOKIE,MOUTHPEACE,ハッピーイチロー、FIZZYLIP、湯煙、HAMMER、TAKAHIRO、TAKECI
スペシャルゲスト:DJライブセット
Watusi(COLDFEET),JILLE,arvin homa aya

★10月22日(土曜)18:00~「ORION」
出演DJ:MIXMASTER FUNK,ALOHA,ITSUKO,UUU,HIGE,SAI,TERRA,ISM
スペシャルゲスト:Watusi(COLDFEET)

★10月23日(日曜)10:00~18:00出演アーティスト: KULU、NISHI、FUTABA、七星、嘉悦なつ美、瀬戸口恵、IKKYU、ChaoBee、DANCE : MANNEQUINS ART WORKS , Street Dance Studio 7th TRAIN

LIVEPAINT:LOBO51、BON、73G、祭源

マルシェ、ワークショップ、フードコート

22日、22日夜、23日、 各入場料500円(18歳以下無料)

CLOSE

いとうせいこうフェス~デビューアルバム『建設的』30周年祝賀会

いとうせいこうフェス~デビューアルバム『建設的』30周年祝賀会
2016.9.30(fri) 東京体育館
開場17:30 / 開演18:30
【当日券】 全席指定:11,000円(税込)
各日、開場の1時間前~会場正面入口の受付にて販売開始
【各1日券】全席指定:10,000円(税込)

【出演】
有頂天/Aマッソ/鬼ヶ島/かせきさいだぁ&ハグトーンズ/ロロロ/小泉今日子/須永辰緒/ダイノジ/田中知之(FPM)/DUBFORCE feat.Usugrow /
東京パフォーマンスドール/中村ゆうじ/バカリズム/DJ BAKU/Bose (スチャダラパー)/ホフディラン/真心ブラザーズ/みうらじゅん

CLOSE

JAPONESQUE MUSIQUER Release Rush Party

JAPONESQUE MUSIQUER Release Rush Party @ 渋谷Dimension
19:00~24:00

Guest DJ : Watusi
Yummy

https://www.youtube.com/embed/shdFrCXeJTQ

CLOSE

CUE vol.2 @ 代官山 Unit

CUE vol.2

LINE UP:
AMPS

SHINICHI OSAWA (G/Syn)
HARUHIKO HIGUCHI (Ba)
MASUMI SAKURAI (Dr)
MISUHARU KITAGO (G)
ANNE FUTAGAMI (Vo/G)


DUBFORCE

GOTA YASHIKI(Dr)
AKIHITO MASUI(Trb)
DUB MASTER X(Mix)
SEIKO ITO (Poetry Reading)
WATUSI (Ba)
KAZUSHIGE AIDA(Gt)
EMERSON KITAMURA (Key)
AKIRA TATSUMI (Sax)
SAKI (Tp)
INFORMATION:
OPEN : 19:00
START : 20:00
CHARGE :
ADV. 4,000yen(税込/1D別途)
DOOR 5,000yen(税込/1D別途)

TICKET:
オフィシャル先行予約受付:
2016.07.9(SAT)〜2016.07.14(THU)
受付URL

一般発売:
2016.07.31(SUN) ON SALE
チケットぴあ 0570-02-9999 [P]305-490
ローソン [L]73833
e+


INFO :
UNIT: 03-5459-8630

CLOSE

Night Aquarium

★開催日:
2016.9.2(FRI)

★オープン時間:
20:00~22:00
★料金設定:
当日:大人 1,000円/子供(小学生 以下) 600円/3歳以下 無料

★タイトル:
Night Aquarium

★ACT
LIVE
Tokyo Discotheque Orchestra(TDO)

Guest Vocal
bird

DJ
Watusi (COLDFEET)

★会場情報:
日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 5F

more info
http://artaquarium.jp

CLOSE

SURFDISCO@京都

京都SURFDISCO にDJ出演します

T.B.A.

http://www.surfdisco.jp

CLOSE

割烹DISCO 大蔵 3周年記念イベント

『3万円DISCO』
・日にち : 7/30
17:30〜
19:30〜
21:30〜

http://kappo-daizo.com/?page_id=6339

割烹DISCO大蔵
03-5327-8490
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-21-20 明邦ビル2F

【大蔵はJR高円寺駅徒歩2分】
JR高円寺駅北口出てすぐ左手、マックの目の前の”中通り商店街”を入って最初の十字路ファミリーマートを右に曲がり、4軒目左手明邦ビル2F。
詳しい行き方はこちら↓↓↓

http://kappo-daizo.com/?p=262

BIOGRAPHY

  • Japanese
  • English
  • Korean

COLDFEETはアメリカ人の心理学者を父、そして琴の演奏者である日本人を母に 持つオレゴン生まれのコンポーザー兼ヴォーカリストのLori Fineが、プロデューサー/ベーシスト/プログラマーとして豊富なキャリアを持つ Watusiを共通の友人を通じて紹介されたところからスタートしている。エキゾチシズムを備えたツイステッドな音楽や、Sam RaimiやDavid Lynchの描く世界観などといった共通の価値観をお互いに見出し、LoriとWatusiはグループを結成、比類のない官能的かつファンタジックなCOLDFEETの世界がスタートした。

1998年、Sony Musicとアルバム7枚の契約を結び、1st シングル「Pussyfoot」をリリース、Cloud9(Nookie)、Ray Keith等をロンドンから迎えジャパン・ツアーを行い音楽雑誌を始め様々な媒体より注目を浴びる。岩井俊二監督映画「スワロウテイル」の制作チームが手がけた「Pussyfoot」のプロモーションビデオは、国内の音楽番組にてヘビ-・ロテーションを獲得、またMTVヨーロッパのプログラム「Party Zone」を通じて世界41カ国、6千万世帯に向けて放送された。

印象的かつ様々な表現力を備えた彼等のヴィジュアルはファッション界においても注目度が高く、Christian Dior / John Galliano、Cartie、Tiffany & Co. 等ハイブランドの海外をも含むスペシャル・イベントにゲストとしてパフォーマンスを提供。またOHYA! and his Astro BoyやArrston Volajuのコレクションの音楽も担当する等、独特のポジションを築く。

その後Sony Musicより3枚のアルバム (含むリミックスアルバム)、1枚のミニアルバム、5枚のシングルを発表。CompostやBPM King Street、Disorient等のレーベルを通じて世界各地でもリリースされ話題を呼んだ。

2001年に入ってからはSony Musicを離れ、3枚目のアルバム「COLDFEET Presents Jazzfeet」を制作する傍らアンダーグラウンドとメジャー・シーンを繋ぐプロデュース・チームとしても活躍し始める。アルバムが続けてミリオンセラーになった中島 美嘉の多くのシングルを初め安室 奈美恵、hiro、BoA、Chemistry等を手がける。Loriは作詞 / 作曲家としてSMAP、Chemistry、bird等にのべ100以上の楽曲を提供。またその印象的なVocalはMONDO GROSSO 、m-flo、SUGIZOから最近ではFreeTEMPO、DAISHI DANCE等多彩なアーティストからのオファーを受け数多くのクラブ・ヒットを生み出す。Watusiのソロワークも海外のレーベルのオファーを受け、英Climate Records、米Kriztal Recordsなどからリリースされている。

2004年よりNew Wave DiscoやFunky Houseを独自の解釈で取り入れたスタイルを作り出し5枚の12inch を連続リリース。FreeTEMPO、Sugiurumn等と全国のクラブでDJ / Liveツアーも行い各地で話題となる。2005年12月、Mondo Grossoも参加の4枚目のアルバム「BODYPOP (avex / rhythm zone)」は日本のみならず韓国、中国、台湾、タイなどでもリリースされ、国内主要ラジオチャートにチャートインを果たす。3,000人以上を集めた韓国カウントダウンライブを始めソウル、台北、上海、北京等アジアでのツアーも積極的に行う。またRemixを中心とした「BODYCHOP (avex / rhythm zone) 」、初のベスト盤「BEST (Sony) 」も2006年3月にリリースされた。

2007年7月11日には1年半ぶりの5th album「Feeling Good (Grand Gallery)」をリリース。アルバムからの先行シングルEP「I Don’t Like Dancing」はDaishi DanceのRemixも収録、販売と同時に即完売し週末のクラブでかからない日は無いというスマッシュヒットとなる。

2008 年にはコロムビアに移籍し、今までにLoriがゲストとして参加した楽曲を集めたコンピレーション・アルバム「Footworks feat. Lori Fine」をリリース、録り卸しで収録されたOne / DJ Kawasaki feat. Lori Fineはモエ・エ・シャンドンネクター・アンペリアルのキャンペーン・ソングとなる。12月10日にはCOLDFEET10周年を記念する6th Album「TEN」をリリース、即日iTunes Storeダンス・アルバム・チャート1位を獲得。同時期にリリースした「TEN Remixes vol.1」(同チャート1位)、Extendedバージョン収録の「On and On」(同チャート2位)を含め、数週間にわたりアルバムTOP10に3タイトルをチャート・インさせるという快挙を達成。

’09年8月には豪華リミキサー陣を招いた「TEN remixes」をリリース。11月には生前のマイケル・ジャクソンから正式に許諾を得、進めて来たカバーアルバム「MJ THE TOUR」を発表。豪華な参加ゲストと共に大きな話題となる。

COLDFEET is based in Tokyo, Japan's largest and most intriguing city. A duo, the band features composer/vocalist LORI, the daughter of an American clinical psychologist father and Japanese harp-playing mother, and WATUSI, a co-founder of the legendary drum-and-bass outfit Mushroom Head who has produced and played bass on more than 100 CDs.

COLDFEET fuses playful eroticism, sensual vocals and captivating melodies with a lush cinematic ambience, positive, provocative lyrics, and an offbeat humor anchored by the dichotomous themes of personal strength and vulnerability. The result is a unique, inventive sound that retains the appeal of pop while embracing the bite of new wave, jazz and rock. LORI and WATUSI have been influenced by an array of artists, from Devo, Massive Attack and Sade to Gershwin and Ella Fitzgerald, as well as the films of David Lynch and Sam Raimi. This diversity of media and genres is fundamental to the COLDFEET sound.

COLDFEET's popular debut single, "Pussyfoot," was quickly embraced by listeners and the music press. After a successful first tour of major markets across Japan, LORI and WATUSI set to work on the "Pussyfoot" video. Set at night in the dark, storied forests near Mt. Fuji and shot by film director Iwai Shunji's "Swallowtail" crew, the piece showcased COLDFEET's mastery of visual impact and their innate flair for distinctive, surrealistic imagery. The video enjoyed heavy rotation on Japanese music programs and was highlighted on "Party Zone," a popular show that reaches 60 million households in 41 countries under the auspices of MTV Europe.

COLDFEET's novel partnership has fast become a favorite of the Japanese media. LORI and WATUSI have been featured in more than 60 music and fashion magazines, and have done dozens of guest appearances on radio and MTV Japan. Their striking, chameleonic visuals and cinematic sound have also garnered favor with the fashion industry: COLDFEET have scored music and performed for the shows of top designers such as Christian Dior (John Galliano), OHYA! (Astro Boy) and Koshin Sato (Arrston Volaju Haute Couture).

COLDFEET's albums and maxi-singles are available on SONY Music Entertainment (Japan). Their singles have charted in the top ten in Japan, and their other work, including remixes by Francois K., Truby Trio and Smith&Mighty, has been licensed and released in both North America and Europe. They continue to be highly sought after as writers, producers, musicians, and performers in the Tokyo and national music scenes.

Since 2004, COLDFEET released four 12-inch vinyl dance singles with their unique interpretations of new wave, disco, and funky house including “Bodypop,” “Superthing,” “Mop Me Up,” and “Boom, Clang, Bang.” Quickly becoming a club live show favorite throughout Japan, COLDFEET has toured with FreeTEMPO, Sugiurumn, akakage, and other top DJs. Their much awaited album, including a dance single featuring Mondo Grosso, was released in Autumn 2005.

On July 11th, 2007, COLDFEET released their 5th album, “Feeling Good” (Grand Gallery) for the first time in one and a half years. The single EP “I Don’t Like Dancing”, which includes a Daishi Dance remix, was a smash hit. The single sold out immediately and became a “must play” song at clubs. 



After changing their record label to Columbia Music Entertainment in 2008, COLDFEET released a compilation album “Footworks feat. Lori Fine”; all tracks featured Lori Fine and were compiled by Watusi. The song, “One / DJ Kawasaki feat. Lori Fine” was used as the theme song for the MOET & CHANDON NECTAR IMPERIAL campaign. 


On Dec. 10th of the same year, commemorating the 10th anniversary of their debut, COLDFEET released their 6th album “TEN”, which hit #1 on the iTunes Dance Album Chart and went on to spend several weeks there.


“TEN Remixes vol.1” which was released two weeks before the album “TEN”, also ranked #1 on the iTunes Dance Album Chart. While these two albums remained in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart, the extended versions album “On and On” was released, and all three albums were then simultaneously in the top 10 of the iTunes Dance Album Chart.


In August of 2009, COLDFEET brought in a lavish team of remixers for the release of "TEN remixes". In the following November, having received Michael Jackson's official permission prior to his passing, COLDFEET released the covers album "MJ THE TOUR" attracting tremendous interest for the duo as well as the plush lineup of guests on the album.

TOP

DISCOGRAPHY

CONTACT US

Name
E-mail
Comment
 

TOP